産後ケア事業

[概要]

出産後の産婦に対し、出産後の一定期間、保健指導を必要とする母子が助産所に入所して母体の保護・保健指導などのサービスが受けられる事業です。

<保健指導の内容>
(1)産婦の母体管理および生活面の指導
(2)乳房管理
(3)沐浴、授乳等の育児指導
(4)その他必要とする保健指導

<実施施設>
●城山助産院 富士宮市若の宮町201 電話 0544-24-0754
●エス・アールハウス 富士宮市小泉2391-24 電話 0544-22-3065
●菜桜助産所 富士市宮島1062-8 電話 0545-63-1608

<利用期間>
原則として7日までです。

[対象者]

富士宮市内に住民登録のある出産後(退院後に限る)の産婦および新生児であって、次の要件のいずれかに該当する方
(1)産褥期の身体的機能回復についての不安を持ち、保健指導を必要とする方
(2)初産婦であって、育児に不安が高く、保健指導を必要とする方
(3)その他、産後の経過に応じた休養や栄養の管理など、日常の生活面について保健指導を必要とする方

[申請できる人]

対象となる方ご本人およびその家族

[利用料(費用)]

日額1万800円(利用者負担)
ただし、多胎児を出産した方が利用する場合は、第2子以降、新生児1人につき日額2700円を追加負担
なお、利用を希望する方が、生活保護世帯、市民税非課税世帯、または、市民税均等割額のみ(所得割無し)の世帯の場合は、利用料の減免措置がありますのでご相談ください。

[申請期日]

事前に申請書を富士宮市保健センターへ提出してください。
利用が認められた場合、利用決定通知書を交付します。

子育て応援情報

「ママフレ」をシェアしよう
  • つぶやく